news-women

練習試合結果(vs東洋大学)

練習試合

7/25vs東洋大学 45分×2 @東伏見G
早稲田 1 (1-0,0-1) 1 東洋

【メンバー】
-1本目-
近澤、佐々木、桝田、夏目、浦部、三谷、黒柳、笠原、冨田、並木、松本

-2本目-
川端、藤田、佐々木、夏目、浦部(→真田)、三谷(→大森)、桝田、笠原、関、並木、松本(→渡邊)

【得点者】
-1本目-
40分 松本茉奈加

以下、戦評です。

公式戦でのグラウンド状況や相手の特徴を確認し、どのように闘うのかをイメージしながらTRM1本目に臨んだ。
序盤から思うようにパスが繋がらず、相手のペースに呑まれてしまう。11分には中央からロングシュートを放たれるが、GK21近澤のファインセーブでピンチを凌ぐ。その後、拮抗した時間が続く中、相手の背後を狙いシュートチャンスを増やしていく。11分には、セカンドボールを拾った27三谷がドリブルで相手をかわしミドルシュートを放つが、惜しくもバーに弾かれる。守備では距離間が悪く、セカンドボールを拾えずに危ないシーンが多々あったが、粘り強い守備で簡単にゴールを割らせない。終盤には、サイド展開や中央での崩しなど、多彩な攻撃を仕掛けていく。すると46分、相手CBのミスを逃さずボールを奪った11松本が強烈なシュートを放ち得点。
1-0で1本目は終了した。

2本目開始には、2冨田→18関、15黒柳→31藤田、21近澤→16川端に交代。前プレ、コンパクトな守備の継続を意識して臨んだ。しかし、1分にはサイドの裏のスペースをうまく使われ相手にシュートを打たれる。相手にCKを与えてしまうがGK16川端が冷静にキャッチする。その後も再三攻撃を試みるが、うまくパスが繋がらず、相手にチャンスを与えてしまう。5分、相手にいい状態でシュートを打たれるも、16川端のファインセーブでゴールは割らせない。13分、11松本→23渡邊、27三谷→30大森、28浦部→17真田の交代を行う。その直後、30大森が高い位置でボールを奪うと、13桝田が中央でボールを受け強烈なシュートを放つが惜しくも外れる。28分には、ルーズボールを相手に拾われ、CKのチャンスを与えると、クリアミスで失点。徐々に足も止まり、自分たちのペースを取り戻すことができないまま1-1で試合終了となった。

ピッチ状態が悪い中の試合となったが、自分たちのサッカーがどれだけ相手に通用するのかを確認することができた。チームの底上げができるよう、今後の練習で課題を修正していきたい。

戦評担当:高橋、渡邊

それでは失礼します。

吉野