diary-men

「1枠を目指して(1年・公文翔)」

 

🌟公文翔(クモン ショウ)
⚽️東京農業大学第一高等学校中等部 → 東京農業大学第一高等学校

 


 

今回ブログを担当させていただきます、スポーツ科学部1年の公文翔です。なかなかまとまりのない文章になってしまいましたが、是非ご一読ください。

今回私はア式蹴球部に入った経緯から、自らの目指すところまでを書かせていただきたいと思います。

 

私は中学から本格的にGKというポジションを始めました。

スポーツ推薦などは全くないサッカーでは無名の学校に通い、思うような結果が出せないまま引退を迎えました。一般受験をする私は、早稲田大学を目指しましたが、もし受かったとしてもサッカーを部活でやるのかサークルでやるのかということを悩み続けた受験期でした。

 

受験終了直後「4年間試合に出れないかもしれない、でも得られるものはとても大きいよ」という言葉を顧問の先生にいただきました。

サッカーだけしていれば良いような大学もあるなかでア式では礼儀や時間に対しての厳しさ、気づきの力など社会人になるうえで学ばなければならないことがとても多くあります。自分の精神的な弱さや甘さを感じていた私はサッカーでの挑戦に加え人間的な成長というものも求めてランテストを受ける決心をしました。

 

今まで大きな選択では楽な方を選んできた自分にとって大きな決断でした。ランテストに合格し練習生となったものの、日本代表や国体の経験がある人と一緒に過ごす環境に正直ビビってしまい、自分を表現できなかった私は入部できないのではないかと思いました。

それでもなんとか入部し、今年度のア式11番目のGKとなることができました。

 

一番下手くそからのスタートですがもちろん目指すのは4年間の中で正GKになることです。GKというのは特殊なポジションであり、1チームの中で1つしかありません。とても厳しい競争であることはわかっているし、まわりの人は自分がその1枠をとるなんて思っていないこともわかっています。

ただ、まだ挑戦は始まったばかりで、今はこの挑戦をとても楽しんでいます。いつかまわりを驚かせたい!並みの努力では達成できないので、人の何倍もやらないといけません。今では監督や四年生が自分を入部させてくれた理由や求めているものもなんとなくわかった気がします。

まだまだ甘いところが多い自分を人間的にも成長させてくれるこの環境と仲間に感謝しながら1枠を目指して挑戦を続けたいと思います。

 

拙い文章でしたが、最後までお読みいただきありがとうございました。