women

ア式蹴球部女子部について

早稲田大学ア式蹴球部女子部は1991年に創部され、大学女子サッカー界を牽引する存在になるべく、活動をしております。全日本大学女子サッカー選手権大会優勝7回、関東大学女子サッカーリーグ優勝7回、関東女子サッカーリーグ優勝12回など、着実に実績を積み重ねると共に、人間的成長にも力を入れ、日々トレーニングに励んでいます。

後藤 史 監督のご挨拶

今年度より早稲田大学ア式蹴球部女子部監督を拝命いたしました後藤史です。
日頃より女子部へ温かいご声援ご支援をいただき、誠にありがとうございます。

昨年度は、女子部30周年という記念の年に、4年ぶりの全日本大学女子サッカー選手権優勝、日本一という結果を出すことができました。
50周年そして100周年も「強い早稲田、強いア女」であれるよう、WASEDA the 1st~サッカー選手としても、人としても一番であれ~の理念のもと、チーム全員で連覇に向け精進してまいります。

2022シーズンも早稲田大学ア式蹴球部女子部をどうぞよろしくお願いいたします。

船木 和夏 主将の抱負

今年度主将を務めさせていただきます、船木和夏です。
昨年度は女子部創部30周年という歴史ある年にインカレ優勝という形で締め括ることができ、今シーズンに繋がる良いスタートが切れたと思います。沢山の支援や応援があってのことです。本当にありがとうございました。

今年も早稲田大学ア式蹴球部の代々伝わる理念である「WASEDA the 1st~サッカー選手としても、人としても一番であれ~」を掲げ、早稲田大学ア式蹴球部女子部としての誇りと責任を持ち行動していきます。スローガンは「競創」です。チーム内で一人一人の創造性を刺激し、リスペクトし合うことでお互いが高め合い、一年を通して個人としてもチームとしても創造性を育むという意味があります。目標は「インカレ連覇」と「皇后杯ベスト8」です。この目標は決して簡単に達成できるものではありません。しかし、私達はチャレンジャー精神を忘れず、全ての相手チーム、仲間をリスペクトし、ア女らしく全力で戦います。

2022シーズンも早稲田大学ア式蹴球部女子を何卒よろしくお願いします。