women

ア式蹴球部女子部について

早稲田大学ア式蹴球部女子部は1991年に創部され、インカレ優勝を目指すとともに人間的成長を課題に、日々トレーニングに励んでいます。近年では、関東リーグ11連覇など、着実に実績を積み重ねています。

福田 あや 監督のご挨拶

昨年に引き続き2021年度早稲田大学ア式蹴球部女子部の監督を務めさせていただきます福田あやです。

昨年度の様々な出来事は、私たちに大きな変革のキッカケをもたらしてくれました。日常からサッカーに至るまで、当たり前なことなど何もないと痛感したからこそ、今年度『挑越』というスローガンと『凡事徹底』『挑戦』『感謝』というミッションが生まれました。

「競技力・学生力・社会力・人間力」という4つの柱を胸に、ピッチ内外で「不変を徹底し、可変を厭わない」取り組みを全員で前向きに体現し、日本一を目指します。

どうぞよろしくお願いいたします。

加藤 希 主将の抱負

今年度主将を務めさせていただきます、加藤希です。昨年度は新型コロナウイルスの感染拡大により難しいシーズンでしたが、多くの方々のご支援のおかげで活動することができました。サッカーができることへの感謝を強く感じた一年でもありました。本当にありがとうございました。

2021シーズンは女子部創部30周年を迎えます。そこで今年度は早稲田大学ア式蹴球部に代々伝わる理念である「WASEDA the 1st ~サッカー選手としても、人としても一番であれ~」にもう一度立ち返り、早稲田大学ア式蹴球部女子部に所属する意義に当事者意識を持ち向き合っていきます。スローガンは「挑越」とし、目標に「四冠(インカレ、関カレ、関東リーグ、皇后杯予選優勝)」を掲げます。決して簡単な目標ではありませんが、早稲田らしくア女らしく最後まで粘り強く戦います。一人一人が早稲田大学ア式蹴球部女子部の一員として常に存在意義を考え、行動することが「日本一」に繋がると考えます。ピッチ内外において個人としてもチームとしても可変を厭わず、不変を徹底することが理念の体現につながると考えています。

2021シーズンも早稲田大学ア式蹴球部女子部を何卒よろしくお願いいたします。