club

チーム・選手

1924(大正13)年の創部以来、早稲田大学ア式蹴球部は常にサッカー界をリードし、数々の日本代表選手を輩出してきました。関東大学リーグ1部優勝26回、全日本大学選手権優勝12回、総理大臣杯優勝2回、天皇杯優勝4回は、他大学の追随を許さない成績です。

皆様、熱いご声援をよろしくお願い致します。

外池 大亮 監督からのご挨拶

この度、歴史と伝統あるア式蹴球部の監督を拝命いたしました外池大亮です。監督というポジションは自分の人生にとって新しく、かつ壮大な挑戦となりますが、プロ選手11年、企業人10年で培った経験を糧に、学生と熱いビジョンを共有し、共に成長していく所存です。「早稲田ここに有り」と発信するため、目標である「タイトル奪還」に向けて情熱を注ぎます。皆様どうぞ宜しくお願い致します。

岡田 優希 主将の抱負

今現在早稲田大学ア式蹴球部は、創部94年、タイトル獲得数NO.1という輝かしい歴史と伝統がありながらも、近年では古豪だと言われるほどの結果しか残せていません。「早稲田は強い。」と今言われたとしてもそれは過去にすがっているだけにしかなりません。
我々はその事実を受け入れ、早稲田の歴史、伝統、強みは何なのか、原点に戻って見つめ直し、そこに我々の新しい変革を取り入れながら進んで参ります。

そこで今年度はア式Visionとして「日本をリードする存在になる{WASEDA the 1st}」、ア式Missionとして「日本一を超える」「感じて動く」「主役になる」を掲げました。
さらに目標として「タイトル奪還」、「ア式蹴球部への注目を高める」を掲げました。
これにチーム一体となって向かい、小柴総監督、外池新監督や新しいスタッフの方々と共に新しいア式を作り上げて参ります。

これまでより一段と進化したア式蹴球部に是非注目してください。