club

チーム・選手

1924(大正13)年の創部以来、早稲田大学ア式蹴球部は常にサッカー界をリードし、数々の日本代表選手を輩出してきました。関東大学リーグ1部優勝27回、全日本大学選手権優勝12回、総理大臣杯優勝2回、天皇杯優勝4回は、他大学の追随を許さない成績です。

皆様、熱いご声援をよろしくお願い致します。

外池 大亮 監督からのご挨拶

監督2年目を迎えることになりました外池大亮です。
「日本をリードする存在になる」このビジョンを念頭に、学生たちと共闘共進し、我々スタッフも変化し、成長します。またプロ選手11年、企業人11年で培った経験と、常にアップデートし、カスタマイズできる分析力をテーマに、チームマネジメントをしていきたい所存です。
そして、1年目の成果を「本物」に導くために情熱を注ぎます。皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

大桃 海斗 主将の抱負

昨年、3年ぶりの関東1部リーグ優勝という結果を出せました。ただ、昨年の関東リーグ優勝というのはもう過去の話です。いつまでもその優勝という結果に浸っていてはいけない、昨年の経験を今年活かさなければ優勝した意味がありません。昨年優勝できた要因として、「変化」というのが一番大きかったと感じています。小柴総監督、外池監督や新しいスタッフを迎え入れ、ア式Vision、ア式Missionを掲げ、新たな土台を作りながらどんどん新しいものを積み上げてきた結果が昨年の優勝であったと思います。

そこで今年はア式Missionとして新たに「変化し続ける」を掲げました。現状を疑い続け、挑戦し続ける。もう立ち返る場所は昨年ではなく、新しいことに挑戦していく姿勢、思考が必要だと思います。昨年とは違う早稲田大学ア式蹴球部を創り上げていきたいと思います。