tradition

Vol.1 -伝説のキャプテン- 八重樫 茂生(やえがし しげお、昭和33年卒業)

1933年3月24日、韓国・テジョン生まれ。
県立盛岡第一高校、中央大学、早稲田大学を経て、古河電工入り。
中央大学在学中、関東大学リーグ新人王を獲得。その後、郷里の先輩である工藤 孝一氏が監督を務めていた早稲田大学に編入。当時学生ナンバーワンといわれた早稲田大学の数々の勝利に多大なる貢献をする。

ア式蹴球部での主な戦績

1954~57年
  • 関東大学サッカーリーグ 優勝3回
  • 東西学生王座決定戦 優勝2回
  • 全日本大学サッカー選手権 優勝1回

JSL(古河電工)では、51試合出場、14得点を記録。ベストイレブン3回受賞。1963年度年間最優秀選手賞受賞。早稲田大学在学中に日本代表入りし、三度のオリンピック(1956/メルボルン、1964/東京、1968/メキシコシティー)出場を果たす。主将を務めたメキシコ大会では初戦の怪我で出場不可能となるも精神的支柱としてチームに銅メダルをもたらした。また、第3回アジア競技大会(1958/東京)、同第4回大会(1962/ジャカルタ)、同第5回大会(1966/バンコク/3位)にも出場。Aマッチ出場44試合、11得点。

2005年に日本サッカー殿堂入り。
2011年5月2日、脳梗塞のため78歳で永眠。

画像をクリックして拡大画像をご覧ください。(拡大画像をクリックすると元に戻ります)

OB諸氏から寄稿されたエピソード
赤坂 健二
(昭和39年卒業)
八重樫氏が富士通に入社する前まで富士通サッカー部の監督を務めていた。そして八重樫氏と共にサッカー部の強化にひた走った。→ エピソードはこちら
高橋 修
(昭和45年卒業)
八重樫氏が監督に就任した時、富士通サッカー部のキャプテンを務めていた。八重樫氏の高い要求になかなか応えられず苦悩しつつも、八重樫氏の優しさに支えられた。→ エピソードはこちら
工藤 大幸
(昭和48年卒業)
富士通に同期入社。監督と選手として共に富士通の日本リーグ1部リーグ入りを目指した。八重樫氏を早稲田に誘った工藤 孝一氏の息子でもある。→ エピソードはこちら