tradition

Vol.2 -浦和レッズの父- 森 孝慈(もり たかじ、昭和42年卒業)

1943年11月24日、広島県生まれ。
広島・修道高校、早稲田大学を経て三菱重工入り。
1962年ユース代表として第4回アジアユース大会に出場。早稲田大学では1年からレギュラーとして活躍。1963年度と1966年度の2度学生三冠を達成するなど、早稲田大学の黄金期を担う。

ア式蹴球部での主な戦績

1963~66年
  • 天皇杯 優勝2回
  • 関東大学サッカーリーグ 優勝3回
  • 東西学生王座決定戦 優勝2回
  • 全日本大学サッカー選手権 優勝1回

在学中の1964年に第18回オリンピック競技大会(東京)のメンバーに選出され、以後1976年まで日本代表として活躍。1968年のメキシコオリンピックでは全試合に出場し、HBとして中盤をリードし銅メダル獲得に貢献した。また、アジア競技大会、FIFAワールドカップメキシコ、西ドイツ両大会予選、ミュンヘン、モントリオール両オリンピック予選などに出場。Aマッチ出場56試合、2得点。

JSL(三菱重工)では146試合出場、28得点を記録。JSL1部優勝2回、天皇杯優勝2回。ベストイレブン5回受賞。引退後は、日本代表コーチを経て、1981年日本代表監督に就任。1985年、FIFAワールドカップメキシコ大会アジア予選最終戦では惜しくも本大会出場を逃すが、プロ化を進言するなど今日の代表チームの礎を築いた。
1992~93年浦和レッズ監督、1995~97年横浜マリノスGM、1998年アビスパ福岡監督、1999~2001年同GM、2001~06年浦和レッズGM。

2006年に日本サッカー殿堂入り。
2008年に横浜GSフットボールクラブ顧問。
2010年に日本サッカー名蹴会名誉会長。
2011年7月17日、腎盂がんのため67歳で永眠。

画像をクリックして拡大画像をご覧ください。(拡大画像をクリックすると元に戻ります)

OB諸氏から寄稿されたエピソード
青島 直樹
(昭和48年卒業)
自身の少年サッカーチームが森氏主催の大会に参加したことがきっかけで、森氏との仲を深める。森氏が2008年から顧問を務めていた横浜GSフットボールクラブのGMでもある。→ エピソードはこちら
加藤 久
(昭和54年卒業)
現在、JFA復興支援特任コーチを務める。森氏が監督を務めた1985年のメキシコワールドカップ予選では主将として「森ファミリー」を牽引。森氏と最も関わりが深かった人物の一人である。→ エピソードはこちら
原 博実
(昭和56年卒業)
現在、日本サッカー協会技術委員長を務める。森氏とは日本代表だけでなく、共に三菱重工で働き、浦和レッズ創設期にも関わりが深い。「森ファミリー」と称されるメンバーの一人である。→ エピソードはこちら